fgf注入療法を美容外科で受けるメリットデメリット

fgf注入療法を美容外科で受けることには、メリットとデメリットがあります。これまでの利用医療の世界においては、しわやたるみを解消するためには、美容整形手術をしないと、若返りはできないというイメージがありました。美容整形手術は最終手段としても、現代の医療では美しく若返るために、リスクばかりの手術をしなくても、もっと手軽な方法で、アンチエイジングは可能です。素肌の再生治療方法には種類がありますが、ほかのどの再生治療と比べてみても、増殖因子の効果としては強力であるといえます。コラーゲンは皮膚の弾力とハリを生成していて、その細胞が線維芽細胞です。線維芽細胞に対して増量をさせる力と、再生をする力を与えるのが線維芽細胞増殖因子であり、その注入は肌への若返りを期待することになります。

線維芽細胞増殖因子の注入剤を使うメリット

fgf注入療法を美容外科で受けることのメリットは、肌への若返りを根本からナチュラルに可能とすることです。しわやたるみ、くぼみなどを解消する治療にもなりますし、目の下のクマ解消にも役立ちます。年齢とともに顔はこけてきますが、顔のこけた部分をふっくらとさせることにも役立ちますし、顔のたるみもノックアウトします。ニキビ跡は消えにくい悩みになりますが、すでにクレーターになった状態でも、根本改善を期待して、美肌を求めることができます。美容整形手術をしなくても、線維芽細胞増殖因子の注入剤を使うことで、肌におけるアンチエイジングは、自然な形での解消を目標とすることができます。加齢により肌は変化をしますが、細胞の老化には負けない、若々しい肌を手に入れることのできる治療方法です。

線維芽細胞増殖因子を注入することのデメリット

fgf注入療法を美容外科で受けるデメリットとして、一時的な肌のハリや弾力を手に入れる、短期的な治療であることです。細胞は注入で変化をしますが、線維芽細胞自体は今までよりも、多くなることも元気になることもないといわれています。注入をすることで細胞の消費をすることになり、消耗が激しいことで、肌のハリが一時は良いものとなります。急激に線維芽細胞や血管細胞は数が増えて、コラーゲンや毛細血管を作ることで、肌には今までよりもハリを感じます。その状態は長くは維持できないので、今度は収縮が起こり、創傷治癒の仕組みとして1年ほどで効果は終わります。創傷治癒の治療は、細胞事態を弱くさせるために、若い肌の状態を一時はもたらしても、その逆の効果にもなりうる可能性があります。しこりというのも、問題になるひとつです。