美容外科でfgf注入療法を受ける際のながれ

美容外科でfgf注入療法を受ける際のながれは、まずは美容医療の病院は完全予約制なので、事前にメールや電話での予約をします。インターネット時代ですから初回予約は、ネット予約が可能なことが増えていますが、電話のみの受付という病院も、まだまだ数多く存在をしています。電話予約の際には、休診日や診療時間を確認して、時間内に電話をするようにします。治療は入院をするような大きなものではなく、時間もそれほど長くはかからないですが、治療のためのドクターや診療室のキープもあるので、希望の日程をいくつか用意しておいて、その中からあいている日程での予約を入れます。治療に入る前に、患者とドクターとの、カウンセリングと診察があるので、悩みを相談して、最適な美容治療を提案してもらいます。

実施あの注入にかかる時間はわずか

美容外科でfgf注入療法を受ける際のながれとして、実際に注入にかかる時間は、ほんの10分から20分ほどのわずかな時間です。ドクターとの診察と相談の後、そのまま治療を受けることができます。肌には直接注射針を刺すので、痛みを少なくするために、表面麻酔を塗ったり、笑気麻酔などでの対処をします。それでも張りが肌に挿入をするときには、少し内側に押されるような感覚を感じますが、麻酔が効いているので、それもささやかなものです。表面麻酔や笑気麻酔があるので、注入時には強い痛みを感じることはないです。注入が終われば笑気麻酔も酸素に切り替わり、鼻から外されるので、すぐに麻酔の効果は消えていきます。その後はメイクを治すことができるので、パウダールームでメイクを治して帰宅です。

注入後のアフターケアと見た目への変化

美容外科でfgf注入療法を受ける際のながれは、思いのほか時間は短く、治療後の生活は今までと、大きく変わることもないです。アフターケアとしては、注射針を刺すので穴がふさがるまでは、むやみに手のひらでは触れないようにします。傷跡は注射針だけですので目立たないですし、数日で消えていきます。体質にもよりますが、たまに内出血を生じる人もいますが、これも数日で自然に消えていきます。腫れの症状はおよそ、3日ほどで消えますので、熱を感じるようであれば冷やすことです。治療をした後、メイクもシャワーもその日から可能です。効果に関しては治療をしてから、14日から30日くらいで、ゆっくりと現れてきます。一度注入をすることで、およそ2年の持続期間といわれますので、長期的に肌への若返りが期待できます。