実際に美容外科でfgf注入療法を受けた方の体験談

美容外科のfgfとは繊維芽細胞増殖因子のことで、肌表面にも存在しています。この因子が活発化することで、コラーゲンやエラスチンなど美肌に必要不可欠なタンパク質が増えます。美容外科で注入療法を受けた方々の目的はアンチエイジングで、皆さん施術後で思うところは違います。体験談を見てもわかるように効果的でとても良かったという方や、期待外れだったと残念に思う方など様々です。印象を活発化させることはとても重要ですが、手術に不満がある方もいたので、手術前に医師としっかり話し合うことが大切です。注入するだけの簡単美容法と思われがちですが、その後の経過についても理解しておく必要があります。体験談では良し悪しもありますが、要はこの方法が自分の肌に合っているか見極めることが大切なのです。

fgfを受けて良かったと感じるところ

男女問わず、老化の悩みに特化したこの注入療法は、非常に効果が高いとの体験談が見られます。しわやほうれい線による見た目老化を解消してくれるので、気持ちまで若返るようです。この治療法は一回でも大きな効果が得られることと、それに対し費用がおさえられることが最大のメリットです。ニキビ跡にも良いとされ若い世代でも受けられる方はいます。ほうれい線に注射をしました、膨らみが出て頬が上がったような気がします、とても満足しています、先生の腕が良かったのかな、という体験や、ゴルゴ線が消えて顎がシャープになりました、肌にハリ艶が出ました、といったものもあります。気になる線を消すだけではなく、艶まで与えてくれて嬉しいという喜びの声も多く見られました。個人差はありますが、腕の良い美容外科医に相談してみるといいでしょう。

fgfではなく、別の方法を選択すればよかったと思うところ

法令線やゴルゴ線など、気になる部分に直接注射をすればシワが改善されるというfgf、一回注入すれば3年は効果が持続する驚異の美容法です。しかし、信頼のできるクリニックで行わなければデメリットが多いようです。体験談では、下膨れの部分に直接注入したら逆に頬がこけてしまい老化した、注入する濃度の問題なのかわかりませんが、注入1年後には顔が膨らんできてしまいました。涙袋もなくなり一気に年をとったようです、など悲しい体験が綴られていました。中には顔がみるみるうちに変化していき、変化に耐えられず引きこもりになってしまった方もいました。注入後にどう変化するのか、ある程度は予想のつくことです。あくまで個人の体験なので、全ての方に同じことが起こるわけではありません。しかしこれらはカウンセリングが十分に行われていれば避けられた問題かもしれません。