美容外科で受けられる肌再生fgf注入療法とは何か

女性の肌は、歳をとるとコラーゲンの減少により、肌の若々しさやハリ、弾力が失われます。コラーゲンを作っている線維芽細胞が減少したり、働きが弱まってしまうことが原因で、コラーゲンが無くなってしまいます。美容外科で行っている肌再生fgf注入療法は、fgf(線維芽細胞増殖因子)を、気になる箇所に注入することで、線維芽細胞を再生させて、肌が本来持っている再生力を取り戻す施術です。施術箇所は、主に顔が一般的ではありますが、首や手の甲など、年齢とともに気になるシワが出来る箇所も対応しています。首のシワが気になる人や、手の甲の血管が浮き出てきて、シワも目立って気になるという人は、顔の施術と一緒に合わせて行うことで、より若々しい見た目を取り戻すことが出来るでしょう。

施術をすることでどんなメリットがあるのか

美容外科で行われる肌再生fgf注入療法には、今までは手術をする必要があった、深いシワやくぼみ、目の下に出来てしまっているクマに対しても、治療をする事が可能だというメリットが挙げられます。また、それ以外にも、fgfを注入することで、線維芽細胞そのものを増殖させることが可能となったため、自己組織再生による効果を得られます。自分の本来持っている力を再生させるので、施術をしても安心安全ですし、持続時間が長いというメリットもあります。一度の施術時間も10分から15分程度で終わりますし、細い針による治療なので、ダウンタイムも短いというメリットがあります。美容外科と聞くと、どうしても事前に長い休みを取って、施術後の対策をきちんと打つ必要があるイメージですが、手軽に施術が出来るので、大変おすすめです。

個人によって効果はそれぞれだという事を知っておこう

肌再生fgf注入療法は、注入をしたfgfの量と同じ量の組織が作られるというわけではないため、個人によって効果はそれぞれです。中には100の量を入れても70しか組織が作られないこともありますし、反対に130など沢山作ってしまう人もいます。目元などの細かいところに注入することで、かえって効果が出すぎてしまい、目元がはれぼったくなる可能性もありますので、施術前にはしっかりと医師の説明を聞いて、メリットやデメリットを確認しておくと良いでしょう。また、効果も早ければ1週間程度で感じる人もいれば、中には数ヶ月掛かる人もいます。平均的には、3ヶ月から半年経ってから、ようやく実感する事が出来るという人が殆どです。施術自体は簡単で、手軽に行う事が出来ますが、施術を行う際にはきちんと検討してから行うようにしましょう。

当院は施術後のメイクも当日から可能となっています。 理想の追求と共にストレスの少ない施術を感じて頂けます。 二重のシュミレーションは相談をしながら行うことが可能となっております。 首都圏内でも通いやすい新宿にてスタッフ一同お待ちしております。 当院のクイック法の施術は麻酔を含めても10分ほどのお時間で完了致します。 当院は皆様にとって落ち着けるような空間づくりを心掛けています。 fgf肌再生治療なら美容外科がおすすめです